院長からのメッセージ

これまでも、これからも患者さん
ファースト。
地域の精神科医療を支える中核で
あり続ける。

院長 川崎峰雄

 

当院で20年以上に渡り、患者さんを見続けてきた。

 精神科医として当院に赴任してから、早いもので20年以上が経ちました。札幌市清田区というエリアで、患者さん一人ひとりが抱える心の病の治療とケアに、医師の一人として真摯に取り組んできました。現在は院長として近隣地域に密着した精神科の専門病院として、関係機関とも連携を取りながら、より安心できる療養環境と良質な医療とケアを提供すべく、スタッフと一丸となり努力を続けています。今まで以上に私たちに求められている、高度な精神医療・福祉を担う地域に根ざした医療機関としての使命を果たしていく決意です。

 

「地域の暮らしを支えている」という使命感がある。

 当院が一貫して掲げてきたのは、患者さんファーストの姿勢。かつて「無医村」だったこのエリアでスタートした当院だからこそ、地域の方々の暮らしを支える義務がある、という使命感を持っています。もちろん開院当時と比べて医療技術も発達したことに加え、地域のクリニックも増えてきたことで、包括的に患者さんをサポートできる体制は整ってきています。しかし未だ患者さんへの医療が十分に行き届いていないところはあります。地域の患者さんから厚い信頼を勝ち得てきた私たちの強みを活かしつつ、今後も地域医療の発展に貢献していきたいと考えています。



 

訪問看護・デイケアなど医療サービスの多様化を目指す。

 当院では外来入院診療に加え、訪問看護やデイケアも行っています。現在は地域の他の医療機関や施設とも協力し退院支援をすすめています。
怠薬などによる再燃防止につとめ、また家庭・社会への適応を高め、患者さんの自立を目指し、地域の包括的な精神科医療を担う中核医療機関として、現状に即した医療サービスの拡充と実現を目指したいと思っています。







 

経営の安定化を図り、患者さんファーストを実現する。

 現在の精神科医療が目指す方向性や地域の医療体制を考慮すると、私たちが患者さんの自立を支援する病院として、今まで以上に業務効率化やコスト削減に取り組み、経営を安定させることが不可欠と感じています。スタッフそれぞれが日々の業務の中で、経営の視点をもつことが大切だと考えています。当院のスタッフはみんな献身的で、優秀なメンバーが揃っていますし、お互いが働きやすいように協力する体制もできているので、困難な課題も必ず乗り越えていけると確信しています。これから訪問看護やデイケアの拡充を目指し、医師や看護師、作業療法士・臨床心理士・臨床検査技師・医療事務といったメディカルスタッフとの意思統一を今まで以上に図り、患者さんファーストのチーム医療を実現したいと思っています。
 
 

交通アクセス

〒004-0841
北海道 札幌市 清田区清田1条4丁目4-35

・地下鉄東西線大谷地駅よりバスで9分
・地下鉄東豊線福住駅よりバスで11~14分

お電話でのお問い合わせ

011-881-2626

採用担当