先輩からのメッセージ

患者様、ご家族も含めて納得できる支援をしたい。

看護師 納谷朋子

2016年入職
家族・親族など身近な人に看護師が多い中で育ち、自然と看護師の道へ。療養病院、急性期病院での勤務の中で、終末期ケアに携わった経験から心理学、精神的支援の重要性に関心を持ち、当院へ入職。

身近な家族・親族の背中をみて看護師に

家族や親戚に看護師が多く、女性の親族はほぼ看護師という環境の中で育ちました。私にとって看護の仕事はとても身近で、自然と看護師になりたいなと感じるようになりました。
出身は函館ですが、地元の専門学校を出て看護師の資格を取得し、札幌の病院に就職しました。
最初に勤務したのが療養病院で、その後急性期病院に勤務し消化器や血液内科など、急性期の病院で8年間勤めました。
当院に来たきっかけは、心理学に興味が出てきたからです。過去には、精神科や心理領域を知らないが故に、少し抵抗がありましたが、前職で終末期の緩和ケアに携わることがあり、患者様、ご家族への精神的支援の重要性を痛感して心理学に関心を持ち、当院に転職しました。


 

上司も、スタッフも、温かく愛情深い方が多い職場

入職して間もないころ、身内の事情で、もしかしたら突然のお休みや長期休暇が必要になるかもしれない状況になり、そのことを上司に伝えました。入職したばかりで、休むことで部署に迷惑がかること、身内の事情がいつ解消するかわからない等、色々な不安が重なった時期でもありました。
その時、上司から「いつでも休んでいいから、家族のことを一生懸命やってね。心配しなくても大丈夫。」と優しく言葉をかけていただき、とても安心して働くことができました。今は幸い身内の事情も解消し、長期休暇を取ることなく安心して働くことができています。
また、当院はママさんスタッフが多く、とても温かく愛情深い方が多いと感じます。突然の休みが必要な場合でも、お互いに協力し合い、お休みが取りやすい環境だと思います。
前職の急性期で勤めていた時は、仕事を家に持ち帰ることや、研究発表などで残業することもありました。当院でも残業は多いですが、急性期病院と比べると早く帰れます。
業務自体は忙しいですが、自分自身の時間を持つことができますし、仕事と生活のゆとりを持ちたい方には働きやすい職場だと思います。

 

患者様、ご家族をともに支える看護

精神科の患者様は他の疾患があってもなかなか受け入れてもらえるところが少なく、当院では地域の患者様を積極的に受け入れています。入院や転棟などでとても忙しいのが現状で、理想とする看護ができているかというと、まだまだ整えることが必要だと思います。
でも日々の看護の仕事の中で、丁寧なケア、きちんと向き合う看護ケアを大事にし、患者様にとって、またご家族も含めて納得できる支援をしたいと取り組んでいます。
精神科での支援では、患者様の在宅復帰後の生活を支え、受け止める家族の不安も解消してあげないと、患者様もご家族も幸せになれないと思います。
だから日々、患者様、ご家族のために自分に何ができるか、在宅復帰に向けてどんな支援を行うべきかを考えながら看護支援を行っています。

 

新しい取り組みが進んでいることを感じる

入職当初と比べるとこの1、2年、病院の雰囲気が変化してきたと感じます。
例えば、理事長が交代されてから「改善をしていこう」「新しい取り組みや病院づくりをしていこう」という思いや動きが伝わります。先生方が率先して受け入れを行い、患者様も増えています。また看護部でも院内・院外研修等の機会も増え、教育体制も徐々に整いつつあります。
日々の業務は忙しいですが、それは他の病院でも一緒。まだまだ整備が必要なことはたくさんあると思いますが、「より良い看護ができる病院づくり」に加わることができるあしりべつ病院にぜひお越しいただきたいと思います。
 

交通アクセス

〒004-0841
北海道 札幌市 清田区清田1条4丁目4-35

・地下鉄東西線大谷地駅よりバスで9分
・地下鉄東豊線福住駅よりバスで11~14分

お電話でのお問い合わせ

011-881-2626

採用担当