先輩からのメッセージ

精神科の支援は、人間本来のことをサポートするお仕事だと思います。

看護助手 高木理恵

2017年入職
オフィス系の仕事を経て、子育てが一段落したことを機に、「人と関わる仕事をしたい」と考え、未経験から当院へ入職。

人と関わる仕事をしたいと考え、当院へ入職

新卒で学校を出てからは、オフィス系の職種での勤務を長く続けていましたが、出産・子育てでしばらくお休みした後は、パートで営業事務などの仕事をしていました。
子供の成長とともに、フルタイムで仕事をしたいと考えていたところ、たまたま知人が当院の看護副部長の知り合いだったことからご縁をいただきました。介護のお仕事はまったく初めての経験でしたが、人と関わる仕事をしたいと思い、当院へ入職しました。



 

人間本来のことをサポートするお仕事

入職前は介護の仕事のイメージは「きついお仕事」だと思っていました。また、精神科も初めての経験。入職当初はびっくりすることも多かったですが、先輩が一緒についてくださり、教わりながら仕事にも馴染むことができました。「一人ではなく」「無理せずに」「チームで」進める職場ですので、未経験で入った方も安心して仕事を覚えることができると思います。
こちらで働く中で、精神科での支援は、人間本来のことをサポートするお仕事なのだということに気づきました。食べること、眠ること、日々の生活が整うように支援すること。
患者様それぞれの個性や病状も異なりますが、毎日関わることで、ちょっとした変化にも気づくようになります。特に私たち看護補助のスタッフが一番長い時間、身近に関わっています。言葉でうまく表現できない方が多いので、日々の気づきを大切にしています。


 

「無理をしない」ことを大事にしています。

日々の介助の中では、慌てず、落ち着いた対応をすること、そして「無理をしない」ことを大事にしています。患者様の様子から、例えば入浴など日々の活動であっても、入りたくない日もあると思います。それは私たちも同じ。だから患者様の視点に立ち、無理にせずに関わることを大事にしています。それが患者様の負担を軽減することにもつながります。
また、スタッフどうしでも「無理をしない」ことを大事にしています。介助をする時も、お互いに声をかけ、ペアで行うようにしています。慌てて一人で介助して、転倒などがあっては元も子もないです。
もう一つ大事にしていることは、「笑顔で接すること」。これは病棟でも目標としていますが、笑顔で接することで患者様の安心感や安堵感、そして長期的な改善にもつながります。

 

みんなのサポートがすごい職場

あしりべつ病院はとにかくスタッフ間の雰囲気が良い職場だと思います。みんなで協力しながら、患者さんを第一に考え、情報共有して、チームで関わっていく雰囲気です。
また、色々な年齢層やバックグラウンドの方が働いているので、お互いにサポートし合う風土がしっかりあります。例えば子育て中の方には、定時になると先輩スタッフから「保育園、お迎え待ってるよ」「もう帰ってね」という言葉が掛かります。また先輩ママのスタッフも多いので、家族や子育ての悩みなども相談できます。
病院や介護のお仕事が初めての方にも、働きやすく、そして毎日気づきがあり、人間として吸収できることが多い職場だと思います。
ぜひ、見学にお越しください。 

交通アクセス

〒004-0841
北海道 札幌市 清田区清田1条4丁目4-35

・地下鉄東西線大谷地駅よりバスで9分
・地下鉄東豊線福住駅よりバスで11~14分

お電話でのお問い合わせ

011-881-2626

採用担当