先輩からのメッセージ

「患者様がどう受け止めるか」ということが精神科支援では重要だと思います。

看護助手 吉江真由美

2015年入職
入院したことがきっかけで看護助手の存在を知り、資格を取得して介護の仕事に。これまで病院、サ高住での経験を経て、看護師・医師が身近にいる病院で勤務したいと考え、当院へ入職。

看護師・医師が身近にいる安心感がある

前職でも精神科病院の看護助手や、サービス付き高齢者住宅で介護のお仕事をしていました。介護の仕事はかれこれ10年くらい携わっています。
看護助手や介護の仕事を始めようと思ったきっかけは、自分が病気になり入院した時に看護助手の存在を知り、大変よくしてもらったことから関心を持ちました。介護の仕事を始める前にヘルパー2級の資格を取り、チャレンジしたのが10年前です。
最初に病院で看護助手として勤務した後、一度高齢者住宅に勤務しましたが、病院のように看護師さんや医師がいる職場と違って不安は大きかったです。そう考えて再度、病院で働きたいと探したとき、近隣で、もともと知っていた当院に就職しました。


 

患者様が「おはよう」と迎えてくれる職場

いま勤務している部署は男性病棟で、知的障がいをお持ちの方、認知症の方、統合失調症の方など、様々な方がいらっしゃって、最初はびっくりするようなこともありました。
でも新人で入職すると、職員だけでなく患者様からコミュニケーションを取ってくれるんですよね。そうやって接しているうちに溶け込み、気づけばあっという間に3年が経ちました。ここまで続けられたのは職員どうしの関係性に加えて、患者様との継続的なコミュニケーションがあるからだと思います。
例えば、自分が公休明けで出勤したら、患者様もみんなが「おはよう」と迎えてくれる。まるで家に帰ったような気持ちになります。長くいらっしゃる患者さんにとっては生活の場、それは職員にとっても一緒だと思います。

 

「患者様がどう受け止めるか」が大事だと思います

ケアの中では、思いやりを持ってケアをすること、そしてスタッフ同士も協力し、助け合うことを大切にしています。
自分も祖母が長く病院に入院していましたが、祖母の姿を思い出すと、職員の接し方次第で患者さんの心持ちや対応も変わります。患者様がどう受け止めるか、ということが特に精神科支援を行う中では重要だと思います。
そんな中で特に楽しみにしているのは、季節のイベントです。あしりべつ病院では、例えばスイーツバイキングや、夏祭り、クリスマス会、外部への外出レクリエーションなど、季節ごとにイベントを実施しています。イベントを実施すると、言葉に表すのが難しい方でも普段見られない表情から喜びが伝わります。そんな日々の中での患者様との触れ合いを大事にしています。

 

未経験の方もスキルアップできる職場です

いま勤務している病棟では、30代からから上は60代以上の方まで幅広い年齢層のスタッフが勤務していますが、年代に関わりなくコミュニケーションが取りやすい職場だと思います。お互いに声をかけあってフォローする雰囲気ですし、残業もほとんどなく働きやすい職場です。これまで3年半働いていて、残業したのは数えるくらいだと思います。みんなで協力してテキパキと動き、仕事と生活を両立できます。
また、医療・看護の知識や経験がない方でも、毎月院内研修があったり、院外研修にも行かせてもらえるなど、手厚いサポートが受けられ、スキルアップできるところが当院の良いところだと思います。
病院や介護のお仕事を始めてみたい方、みんなが優しく教えてくれる病院ですので、ぜひお越しください!
 

交通アクセス

〒004-0841
北海道 札幌市 清田区清田1条4丁目4-35

・地下鉄東西線大谷地駅よりバスで9分
・地下鉄東豊線福住駅よりバスで11~14分

お電話でのお問い合わせ

011-881-2626

採用担当