先輩からのメッセージ

当院の作業療法は、まだまだ試行錯誤の連続。
だから新しいことに挑戦できる雰囲気がある。

作業療法士 小澤裕子

2017年入職
北海道大学医療技術短期大学部作業療法学科(現・医学部保健学科)卒業後に作業療法士を、大阪市立大学大学院生活科学研究科臨床心理コース修了後に臨床心理士をそれぞれ取得。病院勤務の傍ら、作業療法士・臨床心理士を育成する教育機関で非常勤講師も務める。

非常勤講師を続けながら作業療法士として働く。

 高校の頃に心理学を学びたくて大学を目指したのですが、当時は心理学部の倍率が高くて希望は叶いませんでした。一方で手に職をつけたい気持ちもあったので、心理学と関係が深いという作業療法士を目指そうと方向転換。資格を取得し、病院勤務や作業療法士を育成する教育機関で教員を務めたりしながら、改めて大学院へ進学して臨床心理士の資格も取得しました。その後は主に病院で作業療法士として働きながら非常勤講師の仕事も継続し、当院へ入職してからも続けることを認めていただいて、現在も二足のわらじを履いています。入職のきっかけは、学生時代を過ごした北海道にもう一度住みたくて当院の近くへ転居したことになります。

 

患者さんの表情が目に見える変化を見せていく。

 「作業療法士の仕事は楽しい」ということを伝えたいと思って非常勤講師を続けているわけですが、じゃあ何が楽しいのかというと、やはり作業療法を通じて患者さんの表情が明るく変わっていくことだと思っています。たとえばキャッチボールをすると、身体機能のリハビリにもなりますが、それが楽しいという気持ちになってもらえたら、表情は目に見えるように変わってきます。そしてその作業療法のプログラムは、患者さん一人ひとりで異なるものですから、ルーティンな仕事になるはずもない。飽きることは、ありません。そうやって患者さんと関わり続けていくことで、「生きていて楽しい」と思えるような生活を送っていただけるようになるという、前向きになれる仕事だと私は思っています。

 

試行錯誤しながらも明らかに変化は見えてきている。

 当院の作業療法はまだまだ発展途上で、試行錯誤の連続という段階です。全ての患者さんにきめ細かな対応ができているかというとまだ満足できる状態ではありませんが、いろいろな新しい取り組みを行うことで、患者さんの表情がそれまでとは違って明るくなってきている、という実感はあります。患者さんにとっても、作業療法に取り組む時間は非日常な時間でもあるので、それがインパクトを与えてよい方向に進んでいくようになればいいな、と思っています。それと私は大阪出身で、前職の病院も大阪だったので「こちらの人は穏やかでいいな」と勝手に思っていますが(笑)、県民性を意識した作業療法のプログラムづくりに取り組めるのも面白いと感じています。

 

新しい意見や提案を積極的に受け入れてくれる。

 まだ私は当院に入職して間もないのですが、そんな私の意見や提案をスタッフのみなさんは積極的に聞いて、取り入れてくれています。「それはよさそうですね」となれば、実際にみんながやってみて、結果はどうだったかを共有し、「次はこうしてみよう」という改善提案も積極的に出してくれる。意欲的な人が多いのはとても嬉しいし、頼もしい限りです。きっとこれから入職してくる人たちも、そんな前向きな姿勢で仕事に取り組むと楽しくなってくると思います。それと当院には芝生が広がる中庭があり、雪のない季節にはそこにテントを張って患者さんたちと一緒に遊んだりします。そんな牧歌的な雰囲気のもとで作業療法ができるのは、当院ならではだと感じています。
 
 

交通アクセス

〒004-0841
北海道 札幌市 清田区清田1条4丁目4-35

・地下鉄東西線大谷地駅よりバスで9分
・地下鉄東豊線福住駅よりバスで11~14分

お電話でのお問い合わせ

011-881-2626

採用担当