先輩からのメッセージ

患者さん一人ひとりに寄り添い、
サポートする。
精神科の病院ならではの難しさと
やりがいがある

作業療法士 藤内貴久

2017年入職
工業高校卒業後、自動車工場に勤務するも「自分には合わない」と感じ、退職。さまざまなアルバイトを経験する中で人と接して役に立つ仕事に就きたいと思い、札幌市内の専門学校で作業療法士の資格を取得。北海道赤平市の病院に勤務後、当院へ入職。現在に至る。

難しくてもめげなかった。本気でやりたいのだと思えた。

 「工業高校の出身だから」ということで、新卒ではごく当たり前のように自動車工場へ就職しました。しかし働いてみてから漠然と「自分には合っていない」と感じ、退職。その後に複数のアルバイトを経験して、自分は「人と接しながら誰かの助けになる職業に就きたい」のだ、と気づきました。理学療法士や作業療法士という仕事を見つけ、美容師の父と医療事務の経験がある母に相談すると、「その資格があるとリハビリの先生になれる」と教えられ、ならば挑戦してみようと専門学校へ進学しました。勉強は難しかったですが、めげずに続けられたので、これはきっと本気で自分がやりたい仕事なのだ、と心から思えました。作業療法士の資格を取得し、現在は当院で患者さんのサポートを行っています。

 

大切なのは、患者さんが前向きな気持ちになること。

 当院は精神科の病院なので、患者さんも精神の疾患を抱える方々です。だから身体的なリハビリよりも、社会への適応を目指したサポートに徹し、患者さんに寄り添ってともに時間を共有することを優先します。毎朝、作業療法士だけのミーティングで申し送りをし、その後病棟に行って共有事項を確認しながら、その日に担当する患者さん一人ひとりの状態を把握してから、リハビリがスタート。患者さん同士で集まってもらい、みんなでカラオケを楽しんだり、音楽や映画の鑑賞をしたり。他にもキャッチボールやボウリングをするなど、ここにいることで前向きな気持ちになれるような機会をつくります。そうやって患者さんが笑顔になったり、病室の外に出る機会が増えたりするのは嬉しいですね。

 

患者さんの得意なことや小さな才能の発見に意味がある。

 患者さんの中には、自室にこもりがちで人と話したがらない方もいらっしゃいます。そんな患者さんが、興味を示すことは何か。急いで答えを見つけるのは難しいので、毎日根気よく患者さんと接しながら、心の動きに気を配って仮説・実践・検証を繰り返すことで、初めてその糸口が見つかると思っています。大切なのは、患者さんができることとできないことを決めつけないこと。たとえば「紙を細かく切ることができる」といった患者さんの得意なことや小さな才能を発見することにも、大きな意味があるのです。私たちのリハビリがすぐに結果につながることは少ないかもしれませんが、時間をかけてサポートすることで、患者さんに現れた前向きな変化に私は大きなやりがいを感じています。

 

精神科のリハビリは難しいが、多くのことが学べると思う。

 現在、私は患者さん一人ひとりに合わせたリハビリプログラムを考え、新しいものを取り入れていくという、試行錯誤の日々です。壁に当たることもありますが、患者さんを第一に考えて寄り添うことができる当院の環境に、大きな満足と手応えを感じています。私が所属する作業療法科には作業療法士が6人いますが、お互いに相談もしやすいですし、意見を出し合いながら患者さん一人ひとりのハビリ内容や目標を設定しており、連携はスムーズです。業務で困ったことがあれば助け合える雰囲気があるので、新しく入職される方も溶け込むのに時間はかからないでしょう。精神科の病院でのリハビリならではの難しさもありますが、一方で多くのことを吸収し、スキルアップできる環境だと実感しています。
 
 

交通アクセス

〒004-0841
北海道 札幌市 清田区清田1条4丁目4-35

・地下鉄東西線大谷地駅よりバスで9分
・地下鉄東豊線福住駅よりバスで11~14分

お電話でのお問い合わせ

011-881-2626

採用担当