先輩からのメッセージ

患者さんと接する機会も多く、
時間も長い。
だから一人ひとりの患者さんと
向き合える。

精神保健福祉士 笠山祐樹

2015年入職
北翔大学人間福祉学部医療福祉学科卒。当院へ新卒で入職し、その後精神保健福祉士の資格を取得。晴れてソーシャルワーカーとしての役割を全うすることができるようになり、現在は相談員として、患者さんやそのご家族の方などからの多様な相談に対応している。

年配の方の助けになる仕事に就きたい、と思っていた。

 小さい時から、おじいちゃんやおばあちゃんが大好きだったんですよね。昔の話を興味深く聞いているような子どもでした。そんな年配の方の助けになる仕事に就きたい、と漠然と考えていましたが、親から「前にソーシャルワーカーという人の世話になった」という話を聞いて、調べてみると「社会福祉士」「精神保健福祉士」といった資格を取るとなれる職業だとわかり、大学へ進学しました。当院では資格取得を前提に内定をいただけたのですが、卒業前の資格試験に落ちてしまって(汗)。内定は取り消しだろうと思っていたら、「来年取ってくれれば」と採用いただけて、ありがたかったです。翌年には無事、精神保健福祉士の資格を取得でき、今はソーシャルワーカーとして働かせてもらっています。

 

たくさんの人と接し、協力してもらって成り立つ仕事。

 当院で働くことを決めたのは、見学に訪れた際に話を聞いた現在の上司でもある課長が私の大学の大先輩という縁があったことと、大学4年生の時に精神科の病院で実習を受けて患者さんとの接点が多いと感じたことが大きな理由でした。実際に入職してみて、患者さんだけでなくご家族の方や地域の関係者の方、退院後の患者さんの生活を支えるヘルパーやケアマネージャーの方など、いろんな人たちと接点を持つ機会がある仕事だと感じています。ソーシャルワーカーは患者さんが安心して入院生活を送れたり、退院後の生活にも不安なく戻れたりするためのサポートが仕事ですから、そこに関わりのある人の全てと接点があり、多くの人から協力をいただかないと成り立たない仕事だと痛感しています。

 

患者さんに寄り添い、一歩ずつ前に進むのがやりがい。

 当院でソーシャルワーカーが患者さんと一緒に目指すべき目標は、退院して地域に根づいた生活ができるようになることです。言葉で表現すれば簡単ですが、実際にそこまで到達するには時間もかかるし、困難なことはいろいろあります。それでもその目標に向けて患者さんに寄り添い、一緒に一歩ずつ前に進んでいくのが、私にとっては大きなやりがいになっています。たとえそれが些細な内容の会話でも、患者さんが笑顔になってくれればそれだけで十分嬉しい。そんなゆっくりとした歩みを進めながら、私がこれまでに得た知識や新たに調べて知った行政の制度やサービスなどをフル活用して、今より少しでも地域に根づいた生活へ近づけるためのプランを組み立てるのもまた、やりがいの一つです。

 

患者さん一人ひとりに向き合いたい人にむいている。

 他の病院で働いたことはありませんが、大学時代の友人で病院へ入職した人の話を聞いていると、当院では患者さんと接する機会が多く、その時間も長いように感じます。患者さんとは私の方から病棟にうかがったり、動ける人であればホールや玄関まで出ていってお話ししたり、場合によってはご家族も交えてお話ししたり。話す内容は病棟であったことや同室の患者さんの話など、さまざまです。ソーシャルワーカーとして、ゆっくりと一人ひとりの患者さんに向き合い、コミュニケーションを大事にしていきたいと考えている人にとっては、やりがいを感じられる職場になるのではないか、と思います。また私自身も、そういう同じ目線で患者さんに向き合える人と一緒に働きたい、と願っています。
 
 

交通アクセス

〒004-0841
北海道 札幌市 清田区清田1条4丁目4-35

・地下鉄東西線大谷地駅よりバスで9分
・地下鉄東豊線福住駅よりバスで11~14分

お電話でのお問い合わせ

011-881-2626

採用担当